語学留学を通して自分の世界を広げよう

ryugaku

留学とは留まって、学ぶと書いて留学です。

自分が普段生活している国から離れて、英語などの語学習得を行う

語学留学のいいところについて説明していきます。

 

語学留学をすることで、勉強しながら文化や価値観を学ぼう。

 

語学留学の大きな3つのメリット

 

英語学習に集中できる

語学学校は、会話に特化した英会話学校ではありません

読む=Reading 話す=Speaking 聞く=Listening 書く=Writing 文法=Grammar

を総合的に学ぶことができます。学校によっては、選択カリキュラムで、

それぞれの目的にあった学習を集中的にすることができます。

 

多様性に出会うことができる

また、語学留学の良さは、語学を勉強することだけにありません。

もちろん、言語を学ぶことは、スキル面でも、異文化を理解する面でも大事なツールですが、

留学を通じて先生、海外からきた多国籍な同級生、ホストファミリー、

現地で暮らすローカルな人たちとの交流がとても価値があります。

 

 

非日常を感じることができる

日本から異国の地で学びながら生活することで、

普段の自分とまた一味違った自分が、みえてきます

自分のことをまったく知らない人たちとの、

年齢や国籍を超えた交流、仕事を忘れて集中して学習に打ち込める時間は、

自分はこうすべきだと思っていた固定概念を解きほぐしてくれることでしょう。

 

 

語学留学は一番身近な海外を感じる方法です

新卒ガッツポーズ

海外に滞在する一番身近な理由は語学留学であり、

言語を学ぶことは文化を学ぶことに通じているため海外経験のすべての入口と言えます。

 

中高生や大学1〜2年生

特に中高生や大学低学年では、海外を知る第一歩としての語学留学から、

現地での外国人先生との交流や、アクティビティへの参加、ホームステイでの文化体験など

を通して、日本でみていた自分の景色が世界の当たり前ではないと、気づきます。

それぞれの世界を広がり、将来の、職業選択にも影響を与えています。

 

また、早い段階から将来の

海外への大学での交換留学や、大学院進学を考えている人に効果的です。

たとえば、短期留学で大学付設の語学学校への留学をすることでキャンパスライフ

事前にイメージするのに活用できます。英語力を鍛えながら、

イメージを膨らませることができます。

よりキャリアの近くにいる大学高学年や社会人

他にも、よりキャリアの近くにいる大学高学年や社会人にとっては、

より目的を明確にしゴールにあったコースやカリキュラム選定をしている傾向があります。

日常を離れ、言語学習に集中することで、次のキャリア形成に影響を与える発見が多いです。

 

いろいろな目的と語学学校

world map

世界中には多くの語学学校があり、留学生はいろいろな目的で語学学校を使っています。

 

例えば、よくあるパターンだと、「とにかくアメリカやカナダに行きたい!」

そのために学生ビザをとる目的で、

勉強は最低限で、海外で暮らす手段としている人もいます。

また、英語を勉強しながら、ダンス留学やアート留学をしている人もいます。

 

一方で、

最近では、マンツーマンレッスンが中心のカリキュラムで短期集中で

英語力を鍛えるフィリピン留学が流行ってきています

フィリピン留学でも特に、スパルタという門限やカリキュラムが非常に厳しい学校も人気です。

フィリピン留学はもともと東南アジアで高い英語力を持つフィリピンに目をつけた

韓国人が欧米へ進学する前の言語研修機関として、かなり厳しい語学学校をつくったことから注目を集め、最近では日本人が経営する語学学校が増えてきています。

マンツーマンで寮・食事付きで概算で、安くて1ヶ月15万円からとなっています。

それ以外にも、

最近では、英語にプラスして、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語などの第二言語を

学びに行く人や、プログラミングを学ぶIT留学に行く人などもいます。

まとめ

語学学校での留学について説明しました。

どの年齢や職業の時に行っても、

英語に集中ができ、多様性を知ることができ、非日常感を味わえます。

留学の先の目的は人それぞれ違うとは思いますが、

留学はオススメです。

 

 

海外に興味がある方にはこちらもオススメ

大学生が知っておくべき、いろいろな海外へのアクセス方法まとめ

ワーキングホリデー(ワーホリ)制度という海外に住んで働ける権利とは

海外ボランティアに参加して、自分の世界を広げよう

あなたにオススメの記事