TOEICの問題を解いて気づいた曖昧な文法理解メモ 品詞・動詞・接続詞・前置詞

calendar

TOEICの問題を解いていると最初はテクニックが気になっていましたが、

徐々に英語の本質を考えるようになってきました。

答えがあっていても説明できなかったら完全に理解していない状態が気持ち悪いです。

品詞問題と、動詞問題、前置詞や接続詞などについてのメモです。

 

TOEICの問題を解いて気づく曖昧な文法理解 品詞・動詞・接続詞・前置詞

 

品詞問題

文章の構成を理解することが大事な品詞問題。

 

品詞の役割を確認

名詞 → 主語、他動詞の目的語、前置詞の目的語、補語

動詞 → 述語になる。だるまさん(S)がころんだ(V)、他動詞には目的語

形容詞 → 補語か、名詞を修飾する 名詞は形容詞

副詞 →常に修飾語で、名詞以外である、動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾する。

 

文の要素(SVOC)が揃っているかどうかで、問題の解き方をかえる

節として成り立っている完全文なのか、不完全文なのかを判断する。

 

節の要素が揃っていないとき → かけている要素に応じて、SVOCを名詞、動詞、形容詞で補う

節の要素が揃っているとき → 修飾される語句に応じて、形容詞か、副詞を補う

 

節と句の違いを理解しよう

どちらも2つ以上の単語で作られるものです。

節   S+Vがあるもの

句 S+Vがないもの

 

He lives in Tokyo. という文章があれば、

He lives が S+Vなので節となり、in Tokyo が句になります。

 

 

 

品詞問題で出て来るひっかけ

副詞っぽく見せる形容詞

-ly で一見副詞に見えるが、名詞+ly は形容詞です。

constly,friendly,likely,unlikely,nightly,orderly,timely,daily,weekly,monthly,

名詞+名詞でできる複合名詞

名詞を形容詞でしたくなりますが、

品詞を答えるときに、名詞が続くことで複合名詞になる可能性もあります。

 

job openings 有効求人

travel arrangement  旅行手配

security card  セキュリティカード

sales representative 営業担当

production line  生産ライン

 

 

動詞問題

主述の一致、能動態か受動態、時制の視点で解いていく問題。

主述の一致の視点

主語の人称と数に、動詞の形を揃える。(SVの確認、三単現のS)

態の視点

主語が何かをする能動態、何かをされる受動態なのかどうか。目的語があるかどうか。

時制の視点

動詞が表す動作・状態は、いつを表すのか。

動詞の活用

動詞を-ing形と-ed形での活用の仕方を理解する。

ing形
現在分詞(〜している)
進行形 A man is reading a book.
形容詞
It was an excitng game.
There is a man working in an office.
分詞構文
Mr. Kato entered the room, holding a cup of coffee
Over 1,000 people attended the event, making ig a big success.
動名詞(〜していること)
主語 Learning English is fun.
目的語
I like reading books very much
動名詞を修飾するのは副詞のみ
I am interested in learning Spanish.
他動詞の動名詞は目的語が必要
補語 My hobby is collecting stamps.
ed形
動詞(〜した) 過去形 I visited Hawaii last summer.
過去分詞(〜された・される)
受動態 Hawaii is visited by millions of tourists every year.
完了形 I have visited Hawaii twice
have -ed形, had -ed形, will have -ed形 現在完了、過去完了、未来完了
形容詞
Oahu is the most visited island in Hawaii.
Kauai was the first Hawaii Island visited by Captain Cook.
分詞構文
Hawaii is a popular torist destination,visited by millions of tourists every year.
補足情報を加える副詞のカタマリ
Visited by millions of tourists, Waikiki is one of the most popular beaches in the world.

 

接続詞 or 前置詞 or 接続副詞の問題

SVOC以外で、文章と文章の間に登場して来て意味をつなぐ品詞は、3つ!

節(SV)が後ろに来るのが、接続詞

名詞(句)が後ろに来るのは、前置詞

単独で意味をなし、接続の機能ではないが、2つの文章をつなぐときに使われる副詞

 

間違えやすいのは、接続詞と前置詞。そしてたまに接続副詞。

品詞がわかれば、あとは前後の意味によって選択していく。

 

 

接続詞、前置詞、接続副詞の一例

接続詞に近い意味の前置詞と、接続副詞まとめです。

名詞なのか、節なのか、単独なのかで品詞はわかります。

 

接続詞 SVとセット 前置詞 名詞とセット 副詞(接続副詞 ”,”が入る) 単独
while SがVしている間 / SがVする一方で during 名詞+の間 meanwhile 一方
because /since / as SがVしているため because of / due to 名詞+なので besides その上
although / though / even though SがVしているのにもかかわらず、 despite / in spite of / notwithstanding 名詞+にも関わらず nevertheless にもかかわらず
unless SがVをしない限り without 名詞+がなければ otherwise さもなければ
until SがVするまで until 名詞+まで hence ゆえに
before SがVする前に before 名詞+の前に however しかしながら
after SがVしたあとに after 名詞+のあとで moreover その上
since SがVして以来 since 名詞+以来 accordingly したがって
when SがVする時 Given 〜を、考慮すると 。

ex. Given her past successes ,

consequently その結果
whenever SがVするときはいつでも、   In light of  を考慮して still それでもなお
however SがたとえどんなにVしても then それから
as soon as SがVするとすぐに therefore それゆえ
once Sが一旦、Vすると thus このように
if もしSが、Vをしたら all the same それでも
now that 今まさに、SがVするので as a result その結果
so that そうすることで結果、SがVする even so たとえそうでも
even if たとえSがVしても in consequence 結果として
As if まるでSがVするように on the other hand 他方では
Provided that SがVする条件で、
Given that SがVだと考慮すれば
Whereas SがVである一方で

意味をつなぐ2つの接続詞を確認

文章と文章が対等な関係下、そうでないかによって意味のとり方が変わってきます。

品詞がわかったら、どうつなぐのが文脈上正しいか決めていきます。

 

等位接続詞

対等に位置する、略して等位。この場合、結ばれた2つの文のうち、

1つの文に着目しても意味が理解できます。

and、but、 or、nor、for、yet

 

従属接続詞

対等ではない、2つの文章をつなげる接続詞。

whenのような場合のように、〇〇な時という条件下では、こうであるというように、

一つの文章がもう一つの文章に依存する。

等位接続詞以外

 

この従属接続詞が、接続副詞や前置詞と混同しやすいところです。

内容は3つで、

時を表す従順接続詞(after, as long as , before …)

原因、理由、目的、結果を表す従順接続詞 (because, in order that , so that, now that … )

条件、譲歩、様態、比較を表す従順接続詞 (although , if(whether) , in case ,unless)

に分かれています。

たくさんあるので、前後の文章の関係性を吟味する必要があります。

前置詞(Preposition)問題

前置詞のイメージをつかむ。前置詞問題は、熟語として成り立っているものが多いので、

be動詞 + 形容詞 +前置詞と、自動詞 + 前置詞は熟語で覚えましょう。

 

前置詞のイメージをつかむ

イメージはいろいろな教材でありますので確認を。

Googleで”preposition image”って画像検索しても結構いろいろなやつが出てきます。

 

preposition image

 

onは、乗っかっている状態

inは、中にある状態

intoは、まさに中に向かっている状態

などなど、前置詞のイメージを持つことは大事です。

 

熟語も前置詞のイメージと動詞や形容詞の意味を関連付けて、

頑張って覚えましょう。

 

be動詞 + 形容詞 + 前置詞

海外のサイトでも綺麗にまとまっている一覧表があります。

形容詞+前置詞はシンプルでわかりやすいです。熟語として覚えましょう。

Adjective + Preposition

 

自動詞+前置詞  vs  他動詞

他動詞は、直後に目的語、自動詞は前置詞を伴う。

間違えやすい他動詞と自動詞+前置詞はこちら

他動詞+目的語
自動詞+前置詞+意味上の目的語
answer apologize to
approach appeal to
attend participate in
consider complain about
discuss consent to
enter get to
inhabit graduate from
marry
mention refer to
oppose object to
reach arrive at
resemble

 

他動詞と自動詞両方ある動詞が厄介ですが、

自動詞を軸に、ひとかたまりでみると、イメージが付きやすいですね。

 

Verb + Preposition

 

これは、熟語の、句動詞句の動詞+前置詞ですね。

句動詞は他にも、動詞+副詞、動詞+副詞+前置詞、動詞+名詞+前置詞があります。

come in / come on / go on / go off は動詞+副詞。

look up to / catch up with / come up with は動詞+副詞+前置詞

take advantage of/ make use of / pay attention to は、動詞+名詞+前置詞。

 

奥深いですね。前置詞は、とりあえずイメージを持つことからはじめて、

他の品詞と組み合わせるときに想像しやすくしておきましょう。

 

まとめ

品詞、動詞、前置詞、接続詞などについて間違えそうなところを書きました。

TOEICの問題を解いていると最初はテクニックが気になっていましたが、

徐々に英語の本質を考えるようになってきました。

理解したい、という気持ちになると問題があっていても色々と気になってきます。

 

 

TOEICについてはこちらも

私がおすすめしたい無料体験ができるオンライン英会話

TOEIC曖昧な英語を理解!実はよく理解していなかった不定代名詞 everyone/everybody/any/some

TOEIC曖昧な英語を理解! 日本語と違う英語の名詞のイメージ 名詞・集合名詞・不可算名詞

TOEIC700から900を目指す私が毎日実践している英語とTOEICの勉強法

600点が最低ライン!調査からみるビジネスマンに必要なTOEICの点数・スコア

 

英語頑張りましょう〜

あなたにオススメの記事