Google翻訳でいろんな言語をテキスト翻訳して精度を確かめてみた。

ムシメガネ

何かわからない英単語があると、すぐに使ってしまうGoogle 翻訳。

ここ数年でかなり精度があがってきたとヘビーユーザーとしては感じております。

 

Google翻訳は、今を表す辞書の最前線。でもちょっとまだ使いづらい。

 

最近は、英語、中国語、スペイン語などのメジャー言語だけではなく、フィリピンのタガログ語、セブアノ語を調べるようになり、その便利さを痛感しております。

もちろん細かく見れば、

日本語から他の言語はまだまだだけど、英語から他の言語はGoodです。

 

今後は、個人的に学習経験のある中国語の精度や、

セブアノが音声対応について期待しております。笑

 

このように、メジャー言語だけじゃなく、ローカル言語も理解できる時代を作っていくGoogleに期待です。

 

Google翻訳で使用できる言語

Google翻訳で使用できる言語は、下記ブログによると、

2016/11/22現在で、103言語!だそうです。tenki.club

先日、グーグル翻訳日本語版でもニューラルネットワーク翻訳対応となったことで日本語⇔英語の翻訳精度が実用レベルになったと言っても良いぐらいの状況になりました。
現時点でどこまで多言語が網羅されているかについての資料が見当たらなかったので、ここでまとめみました。

 

すごいですね。

さらに、音声読み上げ機能があるかどうかでも

翻訳する言語とされる言語の関係によって対応しているか

が変わっていきます。

いずれはデータが集まり、AIが学習して全部対応される時代も近いかもしれませんね。

Google翻訳で語学の基本フレーズを訳してみた

Google翻訳はGoogle Spread と連携しているので、今回は、アイスブレークにはなる基本フレーズになるだろう、個人的な言語の「はじめの一歩フレーズ」を横並びにして翻訳してみました〜!

*徐々にフレーズと言語は増やしていきますが、まずは、英語を基軸に、日本語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ラテン語、タガログ語、セブアノ語に翻訳

※もちろん単純な翻訳だけでなく、言語の成り立ち、文法、接辞・語根など覚えて体得するとなると別な話です。タガログ語の文法に苦戦中。。。

正直精度は、微妙なものも多いです。

読み込みなので毎回翻訳結果がUPDATEされるのも嬉しいところです。

 

日々精度が上がることをウォッチしていきたいと思います。

 

 

まとめ

Google翻訳の精度は、いかがでしょうか?

精度は高いと思いましたか?低いと思いましたか?

言語は、比較すると面白いと思うので、興味のある方はぜひ生活に取り入れてみてください。

AIが進化してきて、翻訳技術があがっていくことは間違いないので、

言語学習やコミュニケーションのツールとして注目していきたいです。

あなたにオススメの記事