トクホの話。いきなりステーキで黒烏龍茶とからだすこやか茶のどちらを選択すべきか。

トクホの話。いきなりステーキで黒烏龍茶とからだすこやか茶のどちらを選択すべきか。

特定健康食品(トクホ)についてイメージで買っていないか

飲み会が多いひとやついつい食べ過ぎちゃう人の味方といえば特定健康食品であるいわゆるトクホである。テレビCMでもトクホを売りにした商品が多く、スーパーやコンビニでも目立つ棚取におかれており、過剰に食べてしまう自分への罪滅ぼしとしてコーラやお茶や、コーヒーやら嗜好品を選ぶ際についつい手を出してしまう方は多いのではないだろうか。もっぱら私は、糖質や脂肪の吸収を抑えたいと切に願って、ミランダ・カーをCMでつかっているサントリー「黒烏龍茶」か、「おいしいものは脂肪と糖で出来ている!」の「からだすこやか茶W」をいきなりステーキで、交互に飲み分けている。特に理由はないし詳しくもないがイメージで商品を買っている。そんな、私はとある飲み会で、仲の良い業界人の知人が使用していた大塚製薬が出している特定保健用食品(トクホ)である粉を飲み物に溶かして飲む「賢者の食卓」が気になったので早速購入した、そして購入後にトクホについて調べてみた。

ここではトクホとは何かについて調べ、賢者の食卓の効果をみつけ、さらにはいきなりステーキで飲むべきは黒烏龍茶か、からだすこやか茶Wなのかを考えていく。

※ 追記:現在いきなりステーキは、プライベートブランドの黒烏龍茶を提供。

 

そもそも特定健康保健食品(トクホ)ってなに?

下記のようなマークが付いているものである。

消費者庁のページにあったPDFでは、

特定健康保健食品は

からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中 のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするの に役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。

さらに、特定保健用食品制度については

特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む。)は、食品の持つ特定の保健 の用途を表示して販売される食品です。特定保健用食品として販売するためには、 製品ごとに食品の有効性や安全性について審査を受け、表示について国の許可を受 ける必要があります。特定保健用食品及び条件付き特定保健用食品には、許可マー クが付されています。

 

としており、食品ごとの持つ健康への有効性や安全性を認められた商品として

効果の認められた範囲で、広告や商品の訴求をおこなっていいということ。

 

また、国立健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報によると

「特定保健用食品」は、特定の保健の目的が期待できることを表示した食品であり、身体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分(関与成分)を含んでいます。他の「いわゆる健康食品」とは異なり、その保健効果が当該食品を用いたヒト試験で科学的に検討され、適切な摂取量も設定されています。また、その有効性・安全性は個別商品ごとに国によって審査されています。

つまり、保健機能成分がちゃんとはいっていて、ヒト試験で科学的に検討されて、摂取量の目安がわかっているものだよ〜とある。

 

 

特定健康用食品の種類は多い

トクホと言っても、下記のカテゴリがある。

国立健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報を見てみると、

(2017年12月10現在)

「お腹の調子を整える」等の表示をした食品
・オリゴ糖類を含む食品
・乳酸菌類を含む食品
・食物繊維類を含む食品
・その他の成分を含む食品
「コレステロールが高めの方に適する」表示をした食品
「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」表示をした食品
「血圧が高めの方に適する」表示をした食品
「歯の健康維持に役立つ」表示をした食品
「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示をした食品
「カルシウム等の吸収を高める」表示をした食品
「骨の健康維持に役立つ」表示をした食品
「鉄を補給する」表示をした食品

 

お腹の調子を整えるものや、コレステロールが高めのヒト向けや、食魚の血糖値の上昇を緩やかにするものや、

血圧が高めの人とかとか、いろいろな種類がある。

私の関心が高いのは、

「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」表示をした食品

「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示をした食品

で血糖値上昇を抑えて、かつ脂肪がつきにくくなるものを欲している。

 

血糖値と中性脂肪でトクホに登録されている商品をみてみる

「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」表示をした食品と「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示をした食品の両方を許可されている「からだ健やか茶W」と「賢者の食卓 ダブルサポート」の許可された表示と、「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示のみ許可された黒烏龍茶をみていく。

下記許可された実際の表示


・脂肪と糖質 両方許可

(成分:両方とも難消化性デキストリン)

からだ健やか茶W

本製品は難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにするので、血中中性脂肪が高めで脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の血糖値が気になり始めた方に適した飲料です。

賢者の食卓 ダブルサポート

本製品は食物繊維 (難消化性デキストリン) の働きで、糖分や脂肪の吸収を抑えることにより、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにします。食後の血糖値が気になる方や脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます。

 

・脂肪だけ許可

(成分:ウーロン茶重合ポリフェノール (Oolong Tea Polymerized Polyphenols;OTPP) )

黒烏龍茶

食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるとともに、体に脂肪がつきにくいのが特徴です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方、体脂肪が気になる方の食生活改善に役立ちます。


「からだ健やか茶W」と「賢者の食卓 ダブルサポート」は難消化性デキストリンが成分で両方とも表現することを許可されている。

一方、「黒烏龍茶」はOTPPという成分で中性脂肪のみを表現することができる。

 

脂肪と糖の両方に効果があるとするならば、

お茶だったら、「からだ健やか茶」を今後は選ぶことにしよう。

食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにしてくれる「賢者の食卓」とは?

 

 

 

 

 

 

糖質や脂肪の吸収を抑える特定健康用食品!トクホである。商品紹介ページ塚製薬 賢者の食卓では

本製品は食物繊維(難消化性デキストリン)の働きで、糖分や脂肪の吸収を抑えることにより、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにします。食後の血糖値が気になる方や脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立ちます。

と説明している。

商品:大塚製薬 賢者の食卓 ダブルサポート 6g×30包 【特定保健用食品】また前述した食後の血糖値の上昇を緩やかにする」表示をした食品と「食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい」表示をした食品の両方を兼ね揃えていてかつ、一番の魅力は、「粉末状なので、普通の飲み物に入れることでトクホの飲み物をどこでも作り出すことができること」である。

そんなおもいで、

ドラックストアへ行き何も疑わず、とりあえず「賢者の食卓」の30包を約2000円(1回あたり66円)で購入!

毎回、「からだ健やか茶」を買うより、やすいので、いい買い物をしたと思っております。

わくわくしながら、調べるとホームページには、

6gあたりに、関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)5gが含まれいるらしい。

えっ、8割!ほぼ難消化性デキストリンでした。

 

糖質と脂肪対策には難消化性デキストリン、それを魔法の粉として販売

 

トクホの脂肪と糖質の商品には、多くは難消化性デキストリンがはいっている。成分として、各メーカーが、コーラ、コーヒー、お茶などのカテゴリーごとに商品を出していて中性脂肪トクホは盛り上がっていた。そんな中、トクホ商品の根本のところであった成分である難消化性デキストリンを、魔法の粉にして成功させた大塚製薬はすごいと。(でも、内心は、まじか、全部一緒じゃん…ということに、動揺している。)

大塚ホールディング株式会社の平成28年12月期の連結業績をみると賢者の食卓について触れていた

“糖分や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を穏やかにする”特定保健用食品「賢者の食卓 ダブルサポート」は、テレビコマーシャル等の広告強化とドラッグストアを中心にした店頭連動活動や、消費 者の生活シーンに合った提案活動を強化した結果、前期比で売上が増加しました。また、2015年より発売して いる香港でも順調に販売数量が伸長しています。

国内にとどまらず香港でも販売が好調のようだ。

 

まとめ

世の中には知らないことおおいなーとやはり思うこの頃、健康そうなイメージのものを摂取することで、自己満してないだろうか?と自分に対して思った。「からだ健やか茶」と「黒烏龍茶」の違いも知らなかったのは驚き。CMもどっちかわからなくなっていた…今回調べて思ったのは、A. 脂肪と糖は健やか茶!

 

今回調べる中で、一番お驚いたことはトクホは、審査があるけど、結局は健康効果があるとされている成分が入っていればOKということ。

メーカーはいろいろな商品に、今回で言えば、難消化性デキストリンを追加してトクホ商品にして、科学検証して安全と有効性を示し、適正な利用回数などを定めてあとはロビー活動が大事といったところだろう。

その中で難消化性デキストリンを、商品に入れて売るのではなく、魔法の粉として販売したのが、大塚製薬だった。

一回あたり、66円はその他トクホ飲料に比べれば安いが、1日3食(わたしは朝食べないので2食)にすると高く感じる

。直接、難消化デストロリンを買っている人もいると調べていてわかった。

 

購入してみてはいかがだろうか。

 

 

さらに効果については賛否両論あるし、罪滅ぼしでいいのかという点は別途考えなくてはならない。

そもそも摂取量を減らしたりコントロールする方向性ができないのは何故だと考えながらも、

まずは続ける価値があるか、効果があるのか実験してみたいと思う。

 

病気は未然に防ぎましょう〜

[了]

 

ご意見募集中

健康カテゴリの最新記事