ブラジリアン柔術で抑え込まれそうになった時はボールのようにガードせよ

ブラジリアン柔術で抑え込まれそうになった時はボールのようにガードせよ

パスガードをすぐにされてしまう白帯はわたしの事。いともたやすくパスガードされてしまう悶々とした日々。
オープンガードから接近された時は、ガードの時にパスされないため、ボールのように動くことを勉強し、簡単にぱすされないようになりたい。
動画や道場で、上級者をみていると柔らかいスムーズな動きでボールになっていることがわかる。自分を客観視すると全然できていない。。。抑え込みに入られそうになったら、以下の対処が考えられる。

  1. エビからスネをいれて足回し
  2. 襟を掴まれたらくぐる
  3. 逆エビ
  4. 亀になる

①エビからスネをいれて足回し

相手が押さえ込んできたら、押すか、前腕で押してスペースをつくり、スネをいれる。スネが入ったら、足回しをし肩に足をあてる。袖や襟を掴む

②襟を掴まれたらくぐる

背中、首を丸くして、くぐり、引っかかる場所をなくす。

③逆エビ

逆足のエビを使ってお尻を使って前転。背中を向けて亀になって前転する。

④亀になる

基本の練習ではやっていることばかりだが、なかなかできていなかった。
以前考えたオープンガードの距離を意識して行っていきたい。

参考:Youtubeで公開されているしんすけ先生の動画

上記のしんすけ先生の関連動画でもうひとつ。

サイドポジションで押さえ込まれたときのエスケープ

相手との間に両手でチョップでシールドを作り、頭と顔面をあげて肩を押しながら、背中を丸めて空間を作る。

このとき足は上げておく。(ここがいつもできていなかった)
相手の中にはいったら膝を入れ、足交差したら相手を掴む

滑らかに動くためには、

★ チョップシールドでスペースを作り、背中を丸めてあいてのくぐることが膝を入れやすくする。

動画はこちら。本当にわかりやすい!

まとめ

★体を丸めてボールになることを意識!
背中丸めて、足を体に近づけて、接地面積を小さく。
顔上げて手を両膝につけると丸まりやすくなる。丸くなることを意識すると、腹筋が笑いだす。。。技をやる上での最低限の腹筋についての重要性を痛感。。。腹筋は大事!

己よ、丸いボールになれ

鍛錬ですね。

柔術カテゴリの最新記事