ブラジリアン柔術を始めた白帯のためのパスガード備忘録

ブラジリアン柔術を始めた白帯のためのパスガード備忘録

クローズドガードやオープンガード、フックガード、デラヒーバ、スパイダー多種多様のガードがある中で、それぞれを、いかに崩すのか、パスガードが求められる。なかなか崩せないことが多いのが悩みな初心者のわたしが、闇雲に行わないため、原理、そもそもの考え方についての学びを記載していく。

パスガードは、体の動きがはっきりするのでノーギの動画の方がわかりやすい。

4 Tips to Pass ANY Guard 4つのあらゆるパスに共通するポイント

という題名の動画(160万回再生以上うされている;驚)が参考になる。

4つのポイント/TIPSとして出てきているのは以下の通り

  1. Gripfight, gripfight, gripfight
  2. Don’t be a one-trick pony / have multiple options
  3. Be fast for mobility (speed-based passes) or heavy for pressure
  4. Stabilize the pass

勝手に意訳:大事なエッセンス4つ

  1. グリップファイトで負けるな!まず取られるな、コントロールしろ
  2. ひとつのせめてだけでなく、複数の攻め手・パターン(左右)を持て
  3. 速く もしくは 重く 技をかけろ(要は、持っているものをうまくいかせ)
  4. しっかりと抑え込め(コントロールなのか、抑え込みなのかはっきりさせよ)

そもそもグリップファイトで負けているなー、攻めがワンパターンになっているなー、速くいくのか重くいくのか中途半端になっているなー、しっかりと押さえ込むところとコントロール(泳がす?)ところを考えてないなー、など全て考えさせられるところが多い。肝に銘じたい。

続いて、いつもお世話になっているKNIGHT JIUJITSUの

Jiu-Jitsu Guard Passes | 6 Basic but Effective Guard Passes for Gi or No Gi 6つのギ・ノーギのための基本的だが効果的なパスガード

についての動画も参考にみていこう。

立ちと、座った状態のパターンを3つずつ紹介してくれている。

パスガードをするためには、常に相手の腰と肩のラインをいかに操るかを考えるのが大事で、相手の強い大勢をいかに、崩して制すかを意識していくことを学んだ。

自分が有利な状態をつくるために体の重心をどこに置くのか、ベースをいかにたもつのかがやはり大事な気がする。そのためには足捌き(ステップ)、体捌きを基本的なトレーニングをしながらみにつけていきたい。

下手を打てばスイープや、ガードされるので、いろんなパターンを試していきたい。

奥深い。。。 鍛錬あるのみ

柔術カテゴリの最新記事